FC2ブログ

ぱえのあです

指定期間 の記事一覧

トヨタミュージアム

2016.05.14 (Sat)
トヨタミュージアムに行きました

蒸気自動車です。


↑ランチェスターというイギリスで最初の純英国産ガソリン自動車です。乗り心地は悪くなさそうですね。


↑この派手なやつはロールスロイスのシルバーゴーストです。静かに走ったからこんな名前らしいですが絶対うるさそうだしお前ゴーストって名前に似合わず派手すぎるだろうと思いました。ロールスロイス最大の傑作といわれている

↑ドゥローニー ベイビユ
フランスのロールスロイスと呼ばれていたらしいです。丸いラジエーターは当時の流行になった。たしかに可愛い


↑上のやつと同じ時期に作られたアメリカのキャデラック モデルサーティ
セルフスターティングモーターを標準装備した初めての自動車


↑デイムラー(イギリス最古の自動車会社)による超豪華車総排気量7413c㎥という大排気量でイギリス王室などで愛用されたらしいです。


イスパノスイザの最終モデルです。
鶴ですね。佐賀の鍋島家13代当主である直泰候さんがシャシーで輸入したのちに自分でデザインしたボディーを日本の職人が製作、架装した珍しい車です。


↑黒いボディーに真っ赤なシートが印象的なこの車は史上初の本格的なスポーツカーと言われています。
正直上の車との違いがよくわからないですが優れた性能と軽快な操縦性と書いてました。よく見ると確かに前に載せた車たちより軽快そう?ですね


↑この可愛い車はみんな大好きフィアット500です。
小さく見えますがボンネットがすこぶる広くて笑ってしまいました。あと全長も割と長い

ダットサン(左)と筑波号(右)です。
ダットサンは日産の小型車ブランドとして有名でしたね。
この写真は現存する最古のダットサンです。
筑波号は我が国最古の前輪駆動乗用車です。関東の筑波山が名前の由来ですね。

ホイールにツクバ←かっこよ笑

↑前輪駆動を採用した世界初の量産車、シトロエン11Bです。


↑こいつぁーかっこいい。
フォードモデルGPW、ジープですね。
軍用偵察や連絡を目的として作られた小型四輪駆動車ですね。戦後のクルマ作りの基本にもなりました

↑かっちょいい旗が二つついておりますね、パッカードトゥエルブのルーズベルト専用車です。装甲車並みのボディーと防弾ガラス装備です。(でも上はガラ空き)

↑1951年、トヨタ初の小型車です。ちなみにトヨペットという名前は一般公募で決まったらしいです

↑ポルシェのクーペちゃんです。
エンジンやサスペンションなどの多くの部品がフォルクスワーゲンをベースにしているみたいです。高性能で実用的なのにかわいいスポーツカーですね


↑マツダ(当時は東洋工業)もこの頃軽自動車市場に参入。本格的な2速AT採用でスポーティかつコンパクトで注目されたそうです。お尻もかわいいね

↑2代目グロリアくんです。この頃からもうゴテゴテですがやはり高級感がありますね。

↑ホンダ最初の乗用車S500です。DOHCエンジンは当時の常識からかけ離れた精緻なメカニズムと性能を持ち世間を驚かせました(棒読み)
後ろにあるのはトヨタのスポーツ800です。低燃費を実現した大衆スポーツカーです

↑ホンダのN360(左)とスズキのフロンテ360(右)です。
価格と性能によりN360は第二次軽ブームの火蓋を切ったと言われています。発売2ヶ月にしてスバルを抜いてベストセラーとなりました。
フロンテは今までFF方式を採用していたスズキがRR方式に変更した最初のモデルです。大人4人が楽に乗れ、連続で時速100キロ走行が可能になりました

↑ホンダ シビック
国産小型車初のFF2ボックス車です。当時不可能と言われたマスキー法を世界に先駆けクリアしました。すご

↑ニッサンのフェアレディ
安全なスポーツカーとして開発され大ヒットとなりました。

↑トヨタ セルシオ
レクサスブランドのトップモデルであるLS400の日本国内向けモデルです

↑トヨタ カローラレビン
ハチロクですね。
カローラクーペ系最後の後輪駆動モデル
生産終了後爆発的な人気がでました。

↑2014年から発売されたトヨタのFCV-R
MIRAIのコンセプトモデルです。
走ってるのみたことねーぞ

↑初代ロードスター
マツダが「人馬一体」をコンセプトに開発し、発売後世界中で歓迎されロードスターブームを巻き起こしました。

↑昭和34年の消防車です。トヨタトラックFH24型ベース

↑いい感じのところに飾られたマツダのキャロルちゃん

他にもたくさんありましたが、もう写真載せるの疲れました。
あとは自分でトヨタミュージアムに行って下さい(投げやり)
エンジンを入れて動くものばかりで驚きました。動画で走行してるところを観れるので行った時には是非みてくださいね。運が良ければ実際に走ってるところみれるかも(みれた(=^ェ^=))
実際に乗ることのできる車もあり、楽しかったです(もちろん走行はしない)
少しでも車に興味がある方は行って損はないですね。
スポンサーサイト
 | HOME |